家に個室が欲しい人におすすめする6のアイデア

まちかどっぐ

家に個室がない人にとっては、自分の部屋があるのはとても羨ましいことですよね。

電話をしたり、友達とあそんだり、本を読んだり…

1.だんぼっち

だんぼっちは部屋の中に部屋を作ることが出来るアイテムです。

家でのカラオケやこもり部屋に最適で、「友達との電話を家族に聞かれたくない!」という人にもおすすめです。

低価格で本格的な部屋が作れるのが人気の理由ですね。

あの「はじめしゃちょー」も紹介していました。

2.ボッチテント

 

こちらも「だんぼっち」と同じように部屋の中に部屋を作ることが出来ます。

2017年に新型モデルが発売され、ネットライフに没頭できるプライベート空間を作りだすことに成功しました。

そんなボッチテントの特徴がこちらです。

  • 出入りしやすい大型Dドア
  • 配線もスッキリケーブルホール付
  • プライベート確保に専用ロック付
  • 換気に便利天井窓付
  • 左右2ヵ所メッシュ窓付
  • ポンと開くだけスピード組立

その他使用方法として、以下のものが挙げられます。

  • PCルーム
  • 勉強部屋
  • 子ども部屋
  • クローゼット

汎用性抜群ですね!

3.KAKUREYA

部屋の中に部屋をつくる系の3つ目です。

こちらの商品は少し高額ですが、その分他のものと比べると圧倒的にクオリティは高いので、満足度は堂々の1位です。

デザインも近未来の秘密基地みたいな感じでとてもかっこよく、男のロマンをくすぐられます。

私も使ってみたいですが、なかなか手を出せないお値段なので、是非皆さんが購入して使ってみた感想を教えてください!

KAKUREYAの購入はこちらからできます。

4.部屋を区切る

完璧な個室を作らなくても、一つの部屋を区切るとある程度はプライベートな空間を作ることが出来ます。

パーテーションやカーテンで部屋区切るのもよし、家具で区切るのもよしです。

私のおすすめは、おしゃれなパーテーションで部屋を区切ることです。

パーテーションにはスケルトンタイプやパネルタイプなどがあり、使い分けることで自分好みの部屋を作り上げることが出来るからです。

しかも家具で区切るよりも簡単におしゃれにできるので、初心者にはぴったりです。

5.家族に相談する

自宅の部屋の数など、自分の力ではどうすることもできないことだってあります。

意外と要望をすんなり聞いてくれたりと、結局は家族に相談するのが一番手っ取り早かったりするので、まずは頼んでみましょう。

6.家の中は諦める

どうしても家に個室が作れないなら、個室を借りることもできます。

ネットカフェやレンタルルームのようにお金を払い、個室を借りるのです。

意外と安くレンタルすることができるので、是非一度調べてみてください。

東京都内・近郊にお住みの方は【れすなび】 が便利です。


どうでしたか?

あなたにピッタリの個室の作り方が見つかったならよかったです。

何事も行動しなければ、変わりません。

本当に個室が欲しいならば、今すぐ動き出してください。