コブクロおすすめマイナー曲

まちかどっぐ

コブクロといえば、『蕾』や『桜』など、多くの名曲を世に送り出してこられました。

今回はあえて、その中でも比較的マイナーな名曲を紹介します。

ここで紹介する曲の中で、私が最も好きな曲です。

冬の寒さを感じさせる、失恋バラードです。

あなたを忘れてしまう程の恋が胸を焦がす日まで

この道は誰とも歩けない

という切ない歌詞が共感を呼んでいます。

最後は、「あなたと見た春」を探します。

この風はあなたですか

次の春も吹きますか

君になれ

将来のことで悩んでいる若者に聴いてほしい曲です。

「今はまだ」のあとに続く、ひとつひとつの歌詞に重みがあります。

最後は強いメッセージで締めくくられています。

いつの日か 本物の君になれ

君になれ 君になれ

コブクロには珍しい、中毒性がある激しめのメロディが好きです。

YOU

今や大人気のバンド「back number」の原点となった曲です。

メロディが美しいので、ぜひ聴いてみてください。

「君のすべてをいつしか いつの日にか

支えるから なんて言えたらいいなぁ」

とてもかっこいい言葉ですが、「なんて言えたらいいなぁ」と弱い部分を見せています。

多くの共感を呼んでいるback numberさんの女々しい歌詞は、この曲から生まれたといえます。

ラブレター

始めてラブレターを書くときの心情を歌にしています。

好きな相手に語りかけるような歌詞と歌い方です。

個人的に、終わり方が大好きです。

ハッピーエンドだったかバッドエンドだったかは、聴いてからのお楽しみです(笑)

大阪恋物語

題名から想像できるように、関西弁が多く使われた恋の物語です。

意外だと感じる方が多いかもしれませんが、コブクロは関西出身です。

一人称に「うち」を使っているので女性目線かと思います。

風見鶏

「かざみどり」と「cause I believe my dream」で美しく韻を踏んでいます。

弱い自分に勝てるなら 誰に負けたっていいさ

歌詞に勇気づけられる曲です。

日本航空のCMソングに起用されました。

「夢」を、遠ければ遠いほど鮮やかに見える虹に例えています。

近づけば近づくほど見えなくなっていくけれど

消えたんじゃない 光の中に 君はいま包まれているから

夢を叶えるというのは、ただ一筋の願いが無限の想いを乗せて透明な虹をかけることなのかもしれません。

雪の降らない街

冬の初々しいラブソングです。

甘酸っぱい恋のストーリーとともに、雪の降らない街に空一面の粉雪が降ります。

初々しさと寒さを感じさせるメロディは、聴くたびに落ち着かせてくれます。

コブクロの優しい歌声が、しみじみと伝わってきます。

暗闇のような時代の中で、希望の光を差し込んでくれます。

苦しいとき・悩んだときは、コブクロの光に勇気づけてもらいましょう。

ONE TIMES ONE

「ONE TIMES ONE」とは、「1つの時代」という意味です。

壮大な音とメロディは、目の前に広がる雄大な景色を想像させます。

チャンスの実ぶら下げた 木の下で口を開けて

待ってるやつらにはなれない

付箋だらけの辞書より 役に立つのは

苦戦だらけの日々を 刻んだノート

自らチャンスをつかみ取り、世界を変え、時代を変えろという思いが込められているのだと思います。

ミュージックビデオは、「歓喜の雨」の中で撮影されています。


いかがでしたか?

コブクロのお2人は、とても優しく心に染みる声をしています。

有名な曲はもちろん、知らなかった曲でもその良さを実感することができます。

よかったら、今回おすすめした曲を聴いてみてください!