RADWIMPSおすすめマイナー曲

まちかどっぐ

今回はRADWIMPSのおすすめマイナー曲を紹介していきます。

透明人間18号

イヤホンで聴くと左右で流れているメロディが違うので、片方を外すと歌詞は同じで違った曲になります。

右耳、左耳、両耳と3種類楽しめるわけですね。

灰色=虹の色をかき混ぜた色と表現していますが、この発想をできるのは洋次郎だけだと思います。

平等ってなんだろうと考えさせられますよ。

O&O

タイトルの「O&O」は「One & Only」(唯一無二)
二つとない大切なものを表しています。

この曲はいわゆるラブソングですが、「好き」と言う言葉を一度も使いません。

愛をとても綺麗な歌詞で表現しており、このような歌を作れるのはRADWIMPSの強みですね。

One Man Libe

辛くて誰かに助けを求めたくなったときに聴くと、元気をもらえる曲です。

「生きよう」と思えるっていうか…歌の力って本当に素晴らしいと思います。

息を吸うタイミングが無いのでカラオケでなどで歌う時は頑張ってください。

グラウンドゼロ

イントロが少し長めです。

前奏はゆったりとしているのに急にテンポが速くなり、それがまたいいんです。

この曲はアルバム「絶体絶命」に収録されていますが、本当にマイナーな曲ですので、まさに絶体絶命です。

DUGOUT

ストレートな歌詞と疾走感のあるメロディが特徴の曲です。

そのため、ランニングの時などに聴くとテンションが上がるのでおすすめですよ。

また、イントロから勢いのある曲なので目覚ましにするのもいいかもしれません。

ソクラティックラブ

これもまた一段とマイナーな曲です。

せっかくかっこいいのにもったいないです…

特に英語の部分はスピードがとても速く、テンション爆上げです。

歌詞も哲学的で考えさせられます。

ノットビコーズ

日本語も英語も韻の踏み方が上手くて最高です。

歌詞を一度和訳してみてください。

とても共感できる歌詞になります。

人生 出会い

RADWIMPSらしさとは言いますが、実際どういうことか分かりません。

この曲は、それを教えてくれます。

少し昔の曲で、現在のRADWIMPSと声の出し方が違いますね。

「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」

出だしの「パッパッパラ」でもう釘付けです。

ベースの音もカッコよく、聴くと心が温かくなります。

この曲も歌詞の意味を知ると100倍いい歌に聞こえてきます。

揶揄

読めますか?「やゆ」ですよ。

歪んだような狂ったような…一言で表すとそんな曲です。

激しいだけでなく途中でピアノを入れたり、好きに言ったと思えば綺麗に終わったりと、自由で尚且つここまで洗礼された曲は他にはないと思います。

「あなたは今年はいくつ?」という言葉を、いつ死ぬか聞きたがってると捉える洋次郎の発想はやはりすごいですよね。


読んでいただきありがとうございました。

おすすめ人気曲はこちらになります。