tacicaおすすめ人気曲

まちかどっぐ

あなたは「tacica」というバンドをご存じですか?

アニメの主題歌も歌っておられます。

今回は、そんなtacicaさんのおすすめ人気曲を紹介します。

5位 命の更新

歌詞の内容がかなり深い曲です。

様々な解釈がありますが、私なりの解釈では「命の平等さ」を描いた曲だと思います。

そもそもこの曲、PVを見ないと意味がわかりづらいのです(笑)

PVでは、病に犯された妹を助けるために姉が旅に出ます。

そして、カエルと体の一部を交換していくことで、妹を助けるものを手に入れます。

最後に妹の病気は治り、姉は完全にカエルになってしまいます。

かなり独特な世界感ですが、ひとつの命の重さと平等さを描いていると私は感じました。

生きていく中で様々なモノを手に入れ、同時に様々な悪も手に入れます。

自分を嫌うほど悪を手に入れても、それでも人の命は平等です。

4位 HELLO FAME

この曲は、とにかくリズムがおしゃれです!

そもそもtacicaのボーカル猪狩さんは、BUMP OF CHICKENに似たキレイな声をしています。

しかし、単に似てるのではなく、渋さが融合し、とてもかっこいいです。

サビの軽快なリズムと渋くてキレイな声で、とても聴きやすい曲だと思います。

3位 発熱

ハイキュー セカンドシーズンのエンディングです。

もうただただかっこいいです。

tacicaは落ち着いた歌い方で入ることが多いのですが、この曲は最初から力いっぱい歌っていて、惚れます。

雨が隣であざ笑おうと、真っ暗な世界であろうと、たった一つの世界で、たった一つの明るい未来を目指して突き進む。

そんな曲です。

2位 LEO

またもやハイキューのエンディングです。

私、この曲のイントロ大好きなんです。

とてもキレイで、「おっ」と思わせてくれます。

優しく落ち着いた声色で始まる歌声は、魅了されること間違いなしです。

なお、題名のLeoとは、有名な楽器メーカーフェンダー社の創業者、レオフェンダー氏のことで、レオフェンダーさんの背中を追いかけ、楽器の歴史が紡がれていったということが歌詞に現れています。

厳しくも優しい、そんな応援歌にも聞こえるのではないでしょうか?

1位 オオカミと月と深い霧

インディーズ時代の曲「オオカミと月と深い霧」が1位です。

この曲の歌詞はかなり難しいですが、猪狩さんの文学的才能を感じずにはいられない曲です。

森の中で、食物連鎖のトップクラスに君臨するオオカミ。

そのオオカミが命を奪うことへの葛藤を抱えながらも、覚悟を持って生きる姿が描かれた歌詞からは、生態系への神々しさや、野生の動物への逞しさを感じずにはいられないと思います。


ここまで様々な曲を紹介しましたが、tacicaの魅力はなんと言っても、ボーカルの声と曲がらない音楽性です。

メディア露出を避け、自らの音楽だけで突き進む彼らの曲を一度聴いてみてください。