米津玄師おすすめマイナー曲

まちかどっぐ

今回は、米津玄師さんのおすすめマイナー曲を紹介していきます!

メランコリーキッチン

「メランコリーキッチン」は直訳すれば「憂鬱な台所」という意味になります。

心地よいテンポと旋律が特徴的で、中毒性が半端ないです。

また、米津玄師さんの曲の中でもギターとベースのかっこよさが1、2位を争う曲だと思います。

あたしはゆうれい

米津玄師さんは悲しい曲を楽しそうに歌いますが、この曲はそれが一層際立っています。

「檸檬を抱いた」という歌詞は「言葉では表せない酸っぱい気持ち」という解釈でいいでしょうか。

歌詞とリズムがとても可愛らしい曲です。

遊び心も含まれていますので、それも楽しんでください。

Blue Jasmine

「(個人的)結婚式で流してほしい曲ランキング」1です。

遠回しな言葉を選んで歌詞を書いているにもかかわらず、何度も聞いていると直接訴えてきてるようにも思える独特な世界観に引き付けられます。

前世でどれだけ徳を積んだらこんな歌詞が書けるのでしょうか…

そこらにあるラブソングと比べ物にならないくらい心に響きます。

花に嵐

リズム感や歌詞、耳に残るギター音などが印象深い曲です。

もちろん歌詞の解釈は人それぞれだと思いますが、私は「臆病で外に出られない女性と、彼女の元に足繁く通う男性」を想像しました。

もっと有名になってもいいと思います。

ポッピンアパシー

始まり方も独特。歌も歌詞も独特。終わり方も独特。

米津ワールド全開の曲でハマると抜け出せません。

機械音の使い方が他のアーティストさんとはっきり差別化できますね。

抄本

読み方は「しょうほん」です。

とても長い前奏の曲で、少しづつ音が重なっていき、歌が始まるタイミングで一瞬全部の音が消えるのに心が奪われました。

汽笛のような音が心地よく、曲がとても短く感じます。

飛燕

読み方は「ひえん」です。

サビの上がり下がりが頭の中を過って思わず口ずさんでしまう、そんな曲です。

米津さん本人によると、『風の谷のナウシカ』のナウシカと自分を重ねる感覚で作った曲だそうです。

Nighthawks

スポーツ飲料のcmソング感がする、明るいアップテンポな曲です。

サビの音が『アイネクライネ』と似ています。

実はこの曲に『天体観測』のリフを入れようとして、許可が取れなかったらしいです。

Neon Sign

なぜこの曲があまり知られていないのか不思議です。

マイナーだからこそ、この曲を聴けるのは米津玄師さんの熱狂的ファンの特権ですね。

サビの裏声に切り替わるところがたまらなく好きです。

WOODEN DOLL

疲れたとき、嫌になったときに聴いてほしい曲です。

「お腹を抱えてわっはっはは」という歌詞で、ああ明日も頑張ろうと思えますから。

聴いてみるとわかりますが、最初に息を吸う音が聞こえるのが好きです。

MAD HEAD LOVE

中毒性代表曲です。

とても難しいため、カラオケなどで歌いたくても、口が回らなくて歌えないという人が続出しています。

MVの不思議な雰囲気に引き込まれました。


まちかどっぐ

読んでいただきありがとうございました。

おすすめ人気曲はこちらです。

米津玄師おすすめ人気曲